我が家のボタン貯金箱

我が家のボタン貯金箱

コンビニで会計をしようとしたら、お財布が不自然にぷっくり膨れていました。
確認してみると、お札入れのところになんとボタンが紛れ込んでいて。
ええ!なんでこんなところに?
袖にでも付いていたボタンが、取れて入ったのかな?

 

帰宅して手持ちの服を確認してみるも、どれにもボタンの取れた跡は無く。
もしかして私の服のボタンじゃないのかな?
でも他人の服のボタンが私の財布に入るなんて不自然だし、なんか気持ち悪いし。
もちろん預かった覚えも、拾った覚えも無く。
偶然入っちゃったのかな?

 

なんだかこのまま捨てちゃうのもちょっと気が引けるし。
というわけで、このボタンは我が家のボタン貯金箱へ。

 

このボタン貯金箱、元々コーヒーの空き瓶に用途のわからないボタンや、余ったボタンを保管しているもの。
でも気がついたら相当な量になってしまい、探してるボタンがあったとしても、ここから探すのはけっこう大変かも。

 

要らないのを処分するにしても、要不要の選別もできないし。
ずっと捨てられなくて、一生残っちゃったりするのかなぁ。
いっそ娘に引き継ごうか!?(苦笑い)

 

トップページへ戻る